在宅プログラマの休日と家族の影響

在宅で働くプログラマにとって、平日と休日の区別がなくなってしまうことは頻繁に見られることです。
もともとプログラマは、会社で開発の最前線で仕事に従事している場合には休日出勤をすることになったり、連日残業をすることになったりすることがよくあるものです。
そのため、特に一度企業の開発現場に勤めることを経験している場合には、その延長線上で平日も休日もなく、昼も夜もなく仕事をしてしまうという傾向があります。

しかし、こういった点を変えるのが、家族がいるかどうかという点です。
結婚相手は土日が休みであることが多く、休日というものを認識させられるようになります。会社に勤務している場合には仕事だから仕方ないといって家を出てしまうため仕事に専念してしまいがちです。
しかし、在宅で仕事をしている場合には、家族がいることによって仕事に専念しづらくなることもあり家庭生活に目を向けるようになっていきます。
そうなれることを期待しているプログラマもいるほどであり、休日と平日の違いを認識して、メリハリのある生活を送れるようになるのが在宅で働くことのメリットとなるとも言えるでしょう。

一方で、家族がいない場合には、惰性で仕事をし続けてしまう傾向が強くなります。プログラミングが趣味である人が多いことも、そういった状況に拍車をかける要因となるのです。
そのため、家族の有無が休日のあり方を大きく変化させる要因となるのが特徴となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です